ダンボールはどこで入手する?

■更新情報
バイクで引越しすると・・・
ネット環境も引っ越しでは重要です
学生引っ越しの思いで

引越しには荷物を入れるダンボールは欠かせないものですが、それを大量に入手するとなるとどうしたらいいものか悩みます。
もちろん、引っ越し業者には段ボール込のプランというものがありますが、引っ越し料金を安くするためにダンボールは自分で用意します!という条件で値引きしてもらうことも珍しくありません。
早い段階からコツコツとダンボールをためておくことを考えれば引っ越しの準備は早めから行うのも納得できるかと思います。
必要となるダンボールを引っ越し業者から購入するということももちろんできますが、これが一番高くつく?!といわれています。
業者によっては無料でUSEDダンボールといわれる一度使用されたダンボールを提供してくれるというサービスをしているところもあり、ジャバラの緩衝剤などは新品でつけてくれるところもあるそうなので確認してみるといいですよ!
他には、スーパーやドラッグストアーでダンボールを入手する方法がありますが、ここではもともと入っていたもの目安にダンボールの強度をみて選ぶことをおすすめします。
購入する手段で安く手に入れるには、ホームセンターで販売しているダンボールが比較的安く購入できます。
さらにはネット通販でもダンボールは販売しており非常に安価で手に入れることができます。
無料で手に入るものについては強度をしっかりと確認して使用することがポイントで、購入する場合は値段が高くなるほど質の良いものとなるので、入れる中身でダンボールを使い分けるなど工夫すると費用を抑えることができると思います。

引越しは工夫次第でいくらでも安くできますが、その方法やアイデアってなかなか自分では考えつかないですよね?
そんな私もそうなんですが、そんな時は引越しのお役立ちサイトを見て、その方法を真似しています。
いくつか参考にしているサイトの内の3つを紹介します!

単身の引越しのコツ|格安料金で引越しするベストな方法
このサイトは何度も引越しをしている管理人さんが運営しているサイト。
引越しの相場や引越し業者について詳しく書いてくれているので参考になります。
そして効率の良い荷造り方法なども載っているのでかなり参考にさせて頂いたサイトの一つです。

単身のお引越し|【引越しは日通】引越の見積もりや単身の引越しなら日本通運
やっぱり引越すなら大手の引越し業者で!って人は直接その会社のHPを見るのが手っ取り早いです。ちなみに私がヒイキにしているのが↑の日通さんです(上戸彩さんのファンなので 笑)!

引越し料金比較・見積もり
最後はこのサイト!価格.com!絶対ここは見とかないと損します!
引越し料金の相場や業者の口コミまで一般ユーザーさんが辛口で書いてくれていてここまで、相場が分かりやすいサイトはあまりないんじゃないかな?ってくらい、私はオススメです。

是非、上記の3サイトを参考にしてみて下さいね!