引越しする後にする必要な手続きは?

引越しをする前には、いろいろと手続きが必要になりますが、引越しをした後にも手続きをしなければならないことがあります。
役所や、それ以外の場所での手続きが必要となるのですが、そうした引越し後に行う手続きを紹介します。

引越し後に役所で行う手続きは?

引越し後に役所で行う手続きは、まず初めに転入届の提出があります。
これは引越しをして14日以内に行わなければいけないのですが、引越しをする前に役所からもらった転出証明書を役所に提出します。
この時には、転出証明書と一緒に身分証明書と印鑑も持参しなければならないのですが、役所に行く前に必要なものをしっかりと揃えて行くようにしましょう。
さらに、この時に役所で一緒に住民票も取得しておくと、何度も役所に行く手間が省けますし、その他の各種手続きに必要となることがあるので、後々、便利です。
そして、国民年金や国民健康保険や印鑑登録、福祉・医療手当などの手続きも引越し後に役所で行わなければなりません。
細かい点は市町村の役所によって異なりがあるので、よく確認をして手続きをするようにしましょう。

役所以外で行う手続きは?

役所以外で行う手続きには、運転免許の住所変更や転校手続き、自動車・自動二輪の登録変更があります。
これは、子供の転校先の学校や警察署、陸運局で行うのですが、それぞれ必要とするものが異なっているので注意が必要です。

転校手続きは、転入学通知書と在学証明書、教科用図書給与証明書を転校先に学校に提出しますし、運転免許の住所変更の場合は、運転免許に印鑑、新しい住所が証明できるもの(住民票)などが必要となります。
自動車、自動二輪の登録変更は、印鑑に車検証、住民票、車庫証明が必要となっていて、それぞれの手続きをする際に、これらのものが必要になります。

電気、ガス、水道などの利用開始の立ち会いについて

すでに手続きをお願いしている電気、ガス、水道などについては、立ち合いをしてから利用を開始するようになっているところもあるので、これについても開始手続きの際に時間を空けておくようにしましょう。
立ち会いを必要としないものもあるのですが、事前に説明があると思うので、よく覚えておかなければなりません。

電話以外でも電気の使用の停止・開始は使用している電力業者のホームページから行うことができます。
パソコンを使って簡単に連絡ができるのですが、この時には、お客さま番号がわからないとホームページから手続きできないので、しっかりと準備しておきましょう。
(電気の使用の停止の開始の際には、お客さま番号がわからなくてもホームページから手続きをすることができます。)
他のライフラインについてもホームページから停止・利用開始手続きができるところも多いので、よく確認をしておくようにしましょう。